ゼンロボティクスブレインがロボットを賢くします

ゼンロボティクスブレインはゼンロボティクスが開発したロボット操作技術の名称です。この先進的なコントロールシステムは複数のセンサーを使ってリアルタイムで入力を行い、変化に対応し、間違いから学習します。これこそ、人工知能です! 

センサーフュージョンを武器にする知能

センサーフュージョンとは、複数のセンサーから入力された感覚データを組み合わせて説得力のある形で世界を知覚することです。ゼンロボティクスブレインは多数のセンサー(金属探知機、近赤外線カメラ、可視近赤外線カメラと3D)からの入力を、先進的な人工知能アルゴリズムを使って分析します。

ゼンロボティクスブレインは機械学習を使って2つの物理センサーから得たデータを統合し、いわゆるバーチャルセンサーを作ります。バーチャルセンサーのデータを従来の方法、例えば、2つの物理センサーで得られたデータを別々に利用するなどの方法で手に入れることは不可能です。

人間の頭脳からアイデアを得た

ゼンロボティクスブレインの技術は実際の人間の脳機能にインスピレーションを受けています。
例えば、動きのタイミング、微修正、そして全体的な動きの協調のモデルとしています。