スイスを拠点とするエバーハルトがロボット廃棄物選別システムを購入

ヘルシンキ:ゼンロボティクス社とスイスのズーリックに拠点を置くエバーハルトとがゼンロボティクスリサイクラーのロボット廃品物選別システムを1台契約することに合意しました。システムの導入は夏の終わり頃に始まります。この最先端システムの導入は、スイスでは初めてとなります。 エバーハルトグループは先駆的ガ族経営ビジネスであり、スイスの廃棄物管理業界では揺るぎない地位を築いています。先駆的なリサイクル屋としては、ロボット選別システムに投資することは自然なステップでした。 「我々は、長期的な目線で物を考えます。 運営にあたって、最も経済的にも環境的にも最適な解を求めます。 企業文化として革新的な考え方を持っており、ロボット廃棄物選別システムには多大な可能性が秘められています。」とエバーハルトCEOであるマーチン・エバーハルト氏は言っています。 ゼンロボティクスリサイクラーは世界初の廃棄物選別ロボットシステムです。 廃棄物処理コストを抑え、リサイクル効率を上げるように設計されたこのソリューションは次世代のリサイクルを定義します。 ゼンロボティクスリサイクラーは、産業ロボットと高度な機械学習技術を利用して複数の破片を同時に回収します。 「特に、本プロジェクトにおいてはゼンロボティクスリサイクラーが新しい廃棄物の流れに対する驚異の学習機能を持っていることを証明することが出来ました。今のシステムは顧客のニーズに対して素早く対応します。」とゼンロボティクスCEOのチモ・ターラス氏は説明しています。 エバーハルトのシステムは、スイスでは初めてのゼンロボティクスリサイクラーの導入事例となります。 「スイスのような厳しい規制を有するリサイクル先進国に我々の技術を導入することができたことは大変喜ばしいことです。」とターラス氏は追加しました。 「我々はロボット廃棄物選別こそがすべてのリサイクル業者にとっての現在の最適な選択肢であると信じています。」   詳細はこちらまで: janica @ zenrobotics.com eberhard @ eberhard.ch   ゼンロボティクスについて ゼンロボティクス社はフィンランドのハイテク企業であり、本社はヘルシンキにあります。 ゼンロボティクスリサイクラーは人工知能で操作されているロボット廃棄物選別システムであり、貴重な資源を廃棄物から回収します。 エバーハルトについて エバーハルトは50年以上の経験を有する土木建築、取り壊し、リサイクル、そして環境修復の先駆的な功績を残してきた会社です。 我々は新しくて効率のいいサービスを、経済的にも環境的にも優しい形で顧客に提供することによって実績を積み上げ続けています。 www.eberhard.ch


複数台のZRRユニットを日本に販売

ゼンロボティクス社は複数のロボット廃棄物選別システムをもって日本市場に参入します。 ゼンロボティクス社は日本の横浜を拠点とする株式会社サナースと最新鋭の廃棄物選別システムの販売代理契約を締結いたしました。 2015年の後半に複数台がこのようなシステムとしては初めて日本に送り届けられます。 株式会社サナースは日本の廃棄物管理業界をリードする技術サプライヤーです。 次世代の廃棄物選別ソリューションを探してはるばるフィンランドまでやって来ました。 「我々は顧客に対して最も先進的なテクノロジーを提供したいと考えており、この分野で手に入る技術として最高のものがゼンロボティクスリサイクラーです。 本システムは日本の様々な場所に導入され、日本の先駆的な廃棄物管理業者が運営します。」とサナースCEOの海老原豊氏は言っています。 ゼンロボティクスリサイクラーは世界初の廃棄物選別ロボットシステムです。 廃棄物処理コストを抑え、リサイクル効率を上げるように設計されたこのソリューションは次世代のリサイクルを定義します。 ゼンロボティクスリサイクラーは、産業ロボットと高度な機械学習技術を利用して複数の破片を同時に回収します。 日本におけるロボット廃棄物選別システムの市場はとても大きいです。 「前から日本におけるゼンロボティクスリサイクラーへの関心は大きかった」とゼンロボティクスCCOのレイナー・レーンは言っています。 「高度に発達した廃棄物管理業界とロボットに対する関心とがこの市場をロボット廃棄物選別にとって素晴らしい市場にしています。 日本に我々の技術を提供することができることをとても喜ばしく思います。 これらの注文で2015年の生産分はもうすぐ一杯です。」 詳細を聞く: チモ・ターラス、ゼンロボティクス CEO Janica @ zenrobotics.com (連絡)