ゼンロボティクスについて

ゼンロボティクス社では人工知能(AI)によって操作されるロボットシステムを開発しています。現在、我々は主力製品であるゼンロボティクスリサイクラーという賢いロボットシステムを用いて貴重な資源を廃棄物から回収する製品で次世代のリサイクルを提供しています。

ゼンロボティクス社は、会社として2つの大きなトレンドの交差点に立っています。スマートロボット工学の革新と廃棄物危機に対抗するための生態学的効率を考えることへのグローバルなニーズです。我々が提供するソリューションは、本日購入し配送することができる、現在この分野に存在する中で最高のテクノロジーです。

我々の秘密は、科学です!

ゼンロボティクスはスマートロボット工学の先駆者の一つです。我々は、自分たちの知的財産の価値を理解しており、ゼンロボティクスリサイクラー製品を主要な国際市場で特許や商標で守ってきました。

複数の特許申請をソフトとハードの両方で行っていることが、大きな競合優位性を生んでおり、今後の製品開発やブレークスルーへの道のりを整備してくれています。

我々の歴史

ゼンロボティクス社は2007年に設立されました。ハッリ・ヴァルポラ博士が率いるアールト大学の研究グループによる神経ロボティクスにおける研究成果を元にすることにより、我々は早い段階でスマートロボット工学と学習するシステムの将来性を見出すことが出来ました。

我々が行った2008年の初期市場調査では、機械学習技術が多様な業界で多くの目を見張るプロジェクトでの需要があることがわかりました。初期の顧客は、電力会社のフィンランド産業電力(原子力関連企業)、サンドビック株式会社(掘削設備の新しい分析ツール)、そしてエコケム社(有害廃棄物焼却時のピーク時の一酸化炭素濃度予測)です。 

そこから野心が出てきて、世界を救うことにしました。世界の危機をひとつずつ。

世界のゴミ問題、製品工場が生み出したものが数ヶ月から数年後には埋められている現状に対して、すぐにスマートロボット工学の可能性を見出しました。非効率的な手作業に頼るリサイクルでは、貴重な資源が失われていました。

ゼンロボティクスリサイクラー(ZRR)は世界初の廃棄物選別ロボットシステムです。コスト削減、手作業の削減、リサイクル効率の向上、そしてリサイクルした資源純度の向上を念頭に設計された我々のソリューションが次世代のリサイクルを定義します。

現在、ゼンロボティクス社はロボットリサイクルシステムにおける世界の先駆者です。我々の競合優位性は長い研究と盤石の製品開発によってもたらされています。ゼンロボティクスリサイクラーは、貴重な資源を廃棄物から特定することとロボットの柔軟な回収作業のために人工知能技術を活用しています。

世界の廃棄物問題を解決することは、スマートロボット工学の活用方法の一つです。では、次に解決する問題は何でしょう?